多く含む食品

コエンザイムQ10とアンチエイジング

人間、誰でも年を取れば、老化現象が出るのが当たり前ですが、最近は、実年齢よりも若く見える人も増えてきました。
実年齢よりも老けて見える人、実年齢より若く見える人、この違いは一体何なのかというと、体内にある美容・健康成分の違いでしょう。
最近では、アンチエイジングケアがブームで、具体的には、体内の抗酸化作用をアップさせることで、美容にも健康にも効果があるとして話題です。

元々は、人間の体には、この抗酸化作用の成分を作り出す力があり、これによって、私たちは日々の生活で、元気に過ごすことが出来るのです。
もしも、この成分が作られなければ、私たちは病気を患い、健康な生活を送ることが出来ません。
年を取って、しわやしみ、がんなどの病気になってしまう原因の一つは、この成分の生成が減少してしまうからです。

では、この成分とは一体何なのかというと、コエンザイムQ10で、体の中で作られているべき成分なのですが、年の経過とともに減少してしまうので、普段の食事やサプリメントから摂取しなければなりません。
この効率的な方法こそが、アンチエイジングケアの目的であり、外見的に若く見えるかどうかのポイントになります。
コエンザイムQ10の効果は、基礎代謝が上がることで、しわやたるみのない綺麗な肌を持続させ、脂肪燃焼をすることで、ダイエット効果が望めます。

又、コエンザイムのサプリメントは、元々心臓疾患の治療薬として用いられていたので、心臓機能の正常化を図ることで、疲れや低血圧、心筋梗塞・がん予防と言った、ありとあらゆる病気を快復に導いてくれるのです。
年の経過とともに、体の中の細胞は、日に日に酸化してくるので、血管ももろくなり、上手く血液を送れなくなる為、大切な栄養素を体の隅々まで運べません。
そうなると、様々な器官の老化が始まり、病気になりやすくなりますし、特に血管においては、動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなります。
このように、老化とコエンザイムQ10との関係は深く、20歳を過ぎた頃から、サプリメント等でしっかりと摂取してあげることが大切なのです!

このページの先頭へ