多く含む食品

コエンザイムQ10の安全性

元々体内にあるコエンザイムQ10という栄養素は、体の中にある錆びを取り除く作用があり、30歳を過ぎた頃から感じる老化現象を緩和してくれるとして、今「アンチエイジングケア」に取り入れられています。
「元から体内にあるのであれば、別に外から摂り入れる必要は無いのでは?」と思う人も多いのですが、人間の体はとても便利に出来ているとはいえ、それはまだ若い時期でのことで、20歳・30歳・・・と年齢を重ねるごとに、体内生成力は低下してきます。
そうなれば、当然コエンザイムは減少してしまうので、老化現象が出てしまうというのは、こういった理由によるものなのです。

つまりこのまま放置していれば、確実に老化は進行しますから、見た目的にも老けやすくなり、病気を患いやすくなります。
外からのケアというと、一番に頭に浮かぶのが、化粧品ですが、最近ではコエンザイムQ10を多く配合しているクリームや美容液も登場し、多くの女性が買い占めているのですが、外からのケアだけでは十分とは言えず、出来れば体内から吸収できる普段の食生活で摂り入れたいものです。
この成分は、肉や魚等、多くの食品に含まれているので、摂取しやすい栄養素と言えますが、やはり一日に摂る量はそう簡単に摂れる量ではないので、その点がネックになってしまいます。

出来るだけ吸収が良い方法を考えるとしたら、サプリメントで摂るのがおススメです。
1粒の中に大切な成分が凝縮されているので、水と一緒に飲むだけですから、面倒くさがり屋さんにはとっておきの方法でしょう。
しかし、これはあくまでも補助食品ですから、毎日の食事では摂りきれない分を補うという形が理想的です。

又、「サプリメントは、副作用があるのか?」と安全面において不安に感じてしまう人も多いのですが、今のところ、特に危険であるという報告はありません。
コエンザイムのサプリメントだからと言って、純100%の成分配合ということはありませんし、もしかしたら、他の成分の影響で副作用が出る可能性もあるので、購入する際は、しっかりと成分表を確認してから買うと、失敗がありません。
自分の身は自分で守ること、先ずは目安となる摂取量を守ることから始めましょう!

このページの先頭へ