多く含む食品

一日に必要な量とは

健康や美容にとても良いとされているコエンザイムQ10は、脂溶性で、肉や魚等に含まれています。
しかし、元々は体内で作られているので、食事等でもあまり気にすることが無いのですが、それは若いうちだけのことで、年齢の経過とともに、生成が減少してくるので、当然外からの摂取が必要になります。
コエンザイムQ10は基礎代謝をアップさせる作用があるので、しみやたるみ予防や、脂肪燃焼によるダイエット効果が望めるので、女性にとってはとても有難い存在です。

又、抗酸化作用によって、病気になりにくい元気な体作りをサポートします。
これが減少してくることによって、人はしわやしみが出来たり、病気になりやすくなったりと、普段の生活が思うように過ごせなくなってしまいます。
そうならない為にも、普段からこまめにコエンザイムを摂取しておくことが大切ですが、やはり注目すべき点は、食事でしょう。

上記のようにコエンザイムはQ10、肉や魚に含まれているので、これらを中心にした食生活を送ることが大事なのですが、問題はその量で、牛肉は1キロ近く、鰯では12匹も取らないと、一日の適応量に達しません。
これほどの量を食べるのは、大食感の人にとっては容易いことかもしれませんが、一般の人にはとても苦しい食事となってしまうので、長続きしませんので、あまり意味がないのです。
美容・健康に効果があるという栄養素は、毎日摂取することが大切なので、それを普段の食事から摂り入れることが出来なければ、しわやしみが出来やすく、病気になりやすくなります。

そこでお勧めなのが、サプリメントで、1日に必要な摂取量http://www.lohaus.jp/k3.htmlが目安で書かれているので、その分量を飲むことによって、食事では足りていない量を補うことが出来ます。
世の中には数多くのコエンザイムQ10サプリメントがあり、配合されている濃度によっても目安粒の量が違いますが、含有量の目安としては、60~100ミリグラムが理想です。
又、飲むタイミングですが、胆汁が出やすい食後が良く、空腹時に飲むと、体調を悪くする恐れがあるので、避けましょう。
サプリメントは薬と違い、副作用が薄いのですが、目安の量を超えてしまうと、調子が悪化する危険性があるので、適量を飲むように心がけましょう。

このページの先頭へ